マンション一人暮らしにて、固定回線費を節約したいなら必須の6ポイントとは!?

節約倹約

固定費の節約対象の一つとして、固定回線(インターネット回線)があります。もし、毎月かかるインターネット代が高くて困っている、あるいは一人暮らしなのでなるべく安く済ませたいと思っているなら、その方法について見ていきましょう。

食費といった変動費のどちらから節約すべきかは固定費と変動費、最初に節約するのはどちらか?を参照ください。

マンション一人暮らしにおける、固定回線費節約の6ポイント。

マンション等での一人暮らしの場合、家賃がかかるため、少しでも固定回線費を節約したいですね。安くするための節約のポイントは次の6つです。

  1. 料金プランを見直す
  2. 割引キャンペーンを利用する
  3. 不要なオプション契約を解約する
  4. プロバイダを乗り換える
  5. スマホとのセット割を検討する
  6. モバイルルーターで代用する

なぜ固定回線費が高くなるのかと合わせて、それぞれ解説していきます。

ポイント1:料金プランを見直す

様々な代理店の出現や価格競争によって、固定回線の料金プランは日々変更されています。これによって、格安な料金プランが登場している可能性があります。一人暮らしだとすべてを自分で決める必要があるので、余計に忘れてしまうことでしょう。

回線契約後はこの料金プランを見直さないことが多いと思いますので、特に2年以上料金プランを確認していないなら、ぜひ一度見直しましょう。また、少なくとも契約更新時、おおよそ2年から3年程度といった間隔にて、定期的に見直しを行なうようにしましょう。

新しい料金プランが出ていないかをたまに確認することが大切なんですね!

ポイント2:割引キャンペーンを利用する

割引キャンペーンが切れている期間に入ったことによって、固定回線費が高くなっている可能性があります。あるいは契約先によって受けられる割引キャンペーンの有無がありますので、割引キャンペーンを利用していないと損してしまいます。

契約先のプロバイダによっては、最初の数か月を無料にするであったり、長期契約によって割引されるなどの割引キャンペーンがあります。これらが利用できるプロバイダにて契約をしましょう。

やっぱり割引キャンペーンはお得ですからね!

ポイント3:不要なオプション契約を解約する

割引キャンペーンを受けるため契約時にオプション加入を求められることがあります。割引キャンペーン期間が過ぎてからのオプション加入は料金が高くなる原因です。あるいは、契約時には使っていたが、最近では使っていないオプションがないか確認しましょう。

オプションの例には下記があります。

  • 電話や訪問、パソコン遠隔操作等によるサポート
  • ウイルスセキュリティサービス
  • 接続機器の保証

各種サポートは、初めての一人暮らしだと不安で加入したかもしれませんが、生活してしまえばなんてことないとかもしれません。

こういったオプションサービスに加入しているかどうか、契約内容を確認し、不要なものを解約しましょう。

使っていないのにお金を払うのはもったいないですもんね!

ポイント4:プロバイダを乗り換える

プロバイダとは、回線を提供するNTT・ソフトバンクなどとインターネット利用者を繋げる、事業者のことです。固定回線費の内訳は、NTTなどの回線を利用するための費用である「回線利用料」と、プロバイダとの契約費用である「プロバイダ利用料」になります。このプロバイダ利用料が高い業者で契約している可能性があります。

1,000円以内のプロバイダがありますので、そちらへの変更を検討しましょう。ただし、通信速度低下の恐れやルーター返却の必要といった懸念点があることも留意しておきましょう。

1,000円以内のプロバイダに変更できるとお得ですね!

ポイント5:スマホとのセット割を検討する

NTTやソフトバンクといった大手キャリアは顧客の囲い込みのため、固定回線とスマホをセットで契約すると割引しています。一人暮らしだとスマホは必需品ですので、積極的に利用していきたいですね。

スマホが大手キャリアで契約しているなら、同じキャリアでまとめることを検討しましょう。さらに、スマホだけでなく、電力会社やケーブルテレビについてもセット割が用意されているので、適用できないか確認しましょう。

スマホは必需品なので一緒にして安くできるのは嬉しいですね!

ポイント6:モバイルルーターで代用する

家であまりインターネットを使わないのであれば、高速な固定回線はむしろ不要でしょう。特にマンションに一人暮らししていて、平日は会社勤めであればほとんど使っていないでしょう。

固定回線では初期費用として工事にかかる費用も必要になります。

そのため、月額料金が安く、工事費用が不要なモバイルルーターは魅力的です。ただし、固定回線と比べ、通信速度は遅く、場合によっては通信制限がかかることも留意しておきましょう。

家にいる時間が短いなら、そもそも固定回線がいらないですもんね!


固定回線費節約6ポイントまとめ

固定回線は毎月かかる固定費です。マンション一人暮らし節約できる方法について6ポイントでまとめました。以下に再掲しますので、それぞれ確認・検討しましょう。

  1. 料金プランを見直す
  2. 割引キャンペーンを利用する
  3. 不要なオプション契約を解約する
  4. プロバイダを乗り換える
  5. スマホとのセット割を検討する
  6. モバイルルーターで代用する

固定回線のほかに固定費には家賃があります。家賃を節約することの重要性については【固定費節約】住居費の削減効果は目先の手間より長期的な視点で見るべしを参照してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました