手間のかからない不動産投資!?REITとは?

不動産投資について調べていると、REITという言葉が出てきます。低額から投資できる利点がありますが、いったいどういうものなのでしょうか?

REITとは、不動産を保有している法人に対して、投資することです。

Real Estate Investment Trustの頭文字から略したものが、REITと呼ばれます。Real Estateで不動産を、Investment Trustで投資信託をそれぞれ意味します。もともとアメリカで生まれた考え方です。日本の不動産を対象とした商品では、区別のためJapanのJを付けた、J-REITと呼ばれます。

不動産自体を保有しているのはREITを販売している不動産投資法人になります。当法人は不動産を運用することで収益を得ます。保有・運用する不動産はアパート・マンションを始め、オフィスや商業施設にホテル・リゾート施設などです。これらの不動産を何棟も保有するのは法人といえ困難です。これに対しては、お金を出資してくれる人をたくさん集めることで賄われます。出資金を元に渋谷や六本木といった一等地に投資します。

なお、投資法人は自身が不動産に対する業務を実施するのは禁止されているため、ビジネスのすべてを外部委託しなければなりません。投資先不動産の選定・購入・売却、保有不動産の運営・管理といった、資産運用全般については資産運用会社が担当します。会計・納税・投資法人債といった事務業務については一般事務受託会社が請け負うことになります。投資不動産法人はこれらの外部委託にかかるコストを差し引いた利益の一部を出資者に還元することになります。

他方で出資した人は、法人の利益の一部から配当として分配金を得ることで利益を享受します。REITへの投資は一人当たりの金額よりも、大勢の人に出資してもらって資金を集めるほうが大切になります。そこで、最低投資金額を1万~数十万円程度に抑えられています。出資者本人としても不動産自体は保有していないが、REITを通して間接的に投資しているため、リスク分散として利用できます。加えて、不動産の管理やもろもろの作業を個人で実施手間がないので、楽に投資できるでしょう。逆に、REITでの収益は、これらをすべて自身で行った際より少ないのが必然です。


REITとは、出資した不動産投資法人を通して不動産にかかわるすべての業務を委託することで、間接的に不動産に対して投資する方法のことです。個人が実際に保有する場合と比べて少額投資、運用・管理負担の低減といった利点があります。他方で、利益に関しては不動産投資法人からの外部委託費を始めとしたコストの分、少なくなってしまうのが欠点でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました